ちょー助の『次いってみよう』
シー・ズー犬ちょー助と障がい者の父とうつ病の母。  やっとこさっとこの毎日。 思いついたこととか、日常を思うままに書いてます。
プロフィール


89NC30

Author:89NC30
ちょー助:甘えん坊でヘタレなシーズー。オヤツ命、アレルギー持ち 2006年10月16日生まれ
ちょー助父:89NC30
ちょー助母:デュオ 2006年7月からうつ病闘病中。2010年7月から職場復帰。寛解を目指しながら働きます。

アイドルを目指すヘタレなシー・ズー。
←ブログランキング



クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



オススメ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パキシル
yahooニュースで知ったのですが、

<抗うつ剤>服用24歳以下で自殺行動 米FDAが警告強化
米食品医薬品局(FDA)は12日、日本でも販売されている「パキシル」(塩酸パロキセチン水和物)などの抗うつ剤すべてで、服用すると自殺のリスクが高まるとの添付警告の対象を、現行の「小児と思春期の患者」から24歳以下に拡大するよう精神薬の諮問委員会に提案した。



妻が飲んでいる抗うつ剤がここで言われている「パキシル」なんです

妻の場合はギリギリ?対象からは外れるのですが・・・



妻には年齢に関係なく

この薬(パキシル)には自殺衝動が高まる副作用があるよ

でもどんな薬にも副作用はあるんだよ

もし自殺衝動に駆られるようなことがあったら、すぐに先生に相談しよう



と話しています。






妻、そしてうつで苦しんでる方へ

『うつ病は必ず治る病気』

そして自殺以外でうつ病で命を落とすはほとんどない

あなたが居なくなると悲しい思いをする人がいる

それを思い出してください


あせらず、ゆっくり治して行こうよ。

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。