ちょー助の『次いってみよう』
シー・ズー犬ちょー助と障がい者の父とうつ病の母。  やっとこさっとこの毎日。 思いついたこととか、日常を思うままに書いてます。
プロフィール


89NC30

Author:89NC30
ちょー助:甘えん坊でヘタレなシーズー。オヤツ命、アレルギー持ち 2006年10月16日生まれ
ちょー助父:89NC30
ちょー助母:デュオ 2006年7月からうつ病闘病中。2010年7月から職場復帰。寛解を目指しながら働きます。

アイドルを目指すヘタレなシー・ズー。
←ブログランキング



クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



オススメ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょー助、2013年末
2013年、12月。
あの頃、ちょー助は元気で。

クリスマス前にあげた、笛入りの星型のおもちゃをいつまでも嬉しそうに噛んだり鳴らしたり、振り回したり。
いつも通りの、反応で。
とても可愛いのはいつもの通りで。

でも。
そのあと。
12月24日に吐いて。
元気な時もたまに吐くことがあって、その時とほとんど状況は変わらなかったんで、いたわりこそすれあまり重くは受け止めていなかった自分を殴り飛ばしたい。

12月25日に、念のため絶食させた状態で病院へ。
栄養注射と吐き気止めなど、注射を打ってもらい自宅でゆっくり休ませていた。
それで、体調は落ち着いたと思っていた。
実際、落ち付いていて、翌日にはふやかしたフードを食べて元気に過ごしていた。

12月31日。
悪夢の始まり。
また吐いたちょー助。
一度で済まず、2度3度と吐いた気がする。
時間はもう夜だったけど、苦しそうで見ていられず病院の先生に連絡をとって、無理を言ってみてもらった。
年末で、もう病院はお休みだったので応急処置的なものしかできず、体調が回復するのを願うばかりだった。

ちょー助は、少し辛そうで年末年始は寝て過ごす事が多く、それでも私たちに一生懸命愛情を向けてくれた。
夜、いつも一緒のベッドで寝るのもいつも通り。
年末ということもあって、つい人間が夜更かししても付き合ってくれた。
寝室へ向かう時は、うちのボスらしく人間の先を歩いて。

寝室では、このところ私の布団へ入るのが常で、中で身体をくっつけてくるのが可愛くて。
それでいて、ちゃんと顔は布団から出して暑くなりすぎないように工夫していた賢さがあって。
とても幸せだったのに。

年が明けて、3が日は辛そうでもなんとかやり過ごしてくれてたけど・・。
1月4日、また吐いて病院へ。

一旦、切ります。
とても長くなるので。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。