ちょー助の『次いってみよう』
シー・ズー犬ちょー助と障がい者の父とうつ病の母。  やっとこさっとこの毎日。 思いついたこととか、日常を思うままに書いてます。
プロフィール


89NC30

Author:89NC30
ちょー助:甘えん坊でヘタレなシーズー。オヤツ命、アレルギー持ち 2006年10月16日生まれ
ちょー助父:89NC30
ちょー助母:デュオ 2006年7月からうつ病闘病中。2010年7月から職場復帰。寛解を目指しながら働きます。

アイドルを目指すヘタレなシー・ズー。
←ブログランキング



クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



オススメ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セカンドオピニオン
どうにもこうにも、かかりつけの病院との溝が埋められず…な今日この頃で。

こんばんは、デュオです。

正確には、主治医との不協和音が鳴り響き、ってとこでしょうか。

悩みに悩んだすえ、セカンドオピニオンの道をとりました。

今度の病院は、もう少し規模の大きい、精神科・心療内科の病院。

今までのところでも精神科ってあったんですがメインは内科。

もちろん、精神科のつもりでかかってたんですが…。

お薬の説明もないし、とにかく「根性」で乗り切れと指示する。

ついていけないわ~ってなって。

これまでの日記を読んでくださってる方には、予想通りの展開ではないでしょうか?

で、おそるおそる頼んでみたところ、紹介状も書いてくれたので急いで新しい病院の予約を取りました。



車で30分ほどのところにあるその病院は、思っていたほど暗い印象は受けず。

ただ、完全予約制なのでちょっとそこが不便かな?

でも、初診と言う事もあり、30分ほどじっくり話を聞いてくれました。

そして「大丈夫、必ず治るから」の言葉を頂きました。

先生と話していて分かったのは、「今は気力・体力ともに落ち込んでいる」状態だという事。

気のせいかな~って思ったんですけど、気のせいじゃなかった。

以前の先生のスパルタぶりについて行けないのは、全て自分が悪いのかと思っていました。

でも、違ったんですね。

お薬もがらりと変わりました。

ナウゼリン(吐き気止め)とエビリファイ(向精神薬)とヒベルナ(ソワソワ防止)が取りやめになり。

パキシル(抗うつ剤)とジプレキサ(不安・緊張を抑える)、メデタックス(抗不安剤)が投入されました。

少しでも憂鬱な気持ちが楽になると良いな。

そう願いつつ、お薬を飲むのでした。

ちなみに変わらなかったのは、レンドルミン(睡眠導入剤)でした。

これは、まだお薬なしでは眠れないからと思い、自分から頼んだのです。

昼寝くらいは出来るのですが、夜の睡眠となると…。

まだまだ、お薬の力が必要みたいですね。

頑張りすぎずにやっていきたいと思います。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。