ちょー助の『次いってみよう』
シー・ズー犬ちょー助と障がい者の父とうつ病の母。  やっとこさっとこの毎日。 思いついたこととか、日常を思うままに書いてます。
プロフィール


89NC30

Author:89NC30
ちょー助:甘えん坊でヘタレなシーズー。オヤツ命、アレルギー持ち 2006年10月16日生まれ
ちょー助父:89NC30
ちょー助母:デュオ 2006年7月からうつ病闘病中。2010年7月から職場復帰。寛解を目指しながら働きます。

アイドルを目指すヘタレなシー・ズー。
←ブログランキング



クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



オススメ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


避難生活
こんばんは、デュオです。
先日の日記には、沢山の拍手をありがとうございました。

中には、暖かいコメントも…!
勇気づけられました。本当に、ありがとう。

さて、私の住んでいる地域では、断水がありました。
ライフラインは断水位ですみ、ほっとしています。
他の地域の方には申し訳ない気持ちですが…。

先日の地震があまりに大きく、また仕事はどうしても休めないので思い切って実家に身を寄せました。
期間は12日から丸まる1週間ほど。
私たち人間のと言うよりは、ちょー助の身の安全を確保するためです。
実家で保育園をしてもらいました。

幸い、実家の母には懐いているし、実家にも何度か連れて行った事があったのでちょー助が帰りたがるかも?という不安は少なかったです。
実家では暖かく迎えてもらえました。
何より、母がちょー助をことのほか可愛がっていて、ちょー助もそれに応えるので関係は良好。
安心して仕事に向かえました。

被災した11日は、たまたま体調が悪くお仕事を休んでいたのですが、今から思えば不幸中の幸いでした。
ちょー助1人だったらと思うとぞっとします。
特に物が落ちてくるような環境ではないのですが、液晶テレビがちょー助のトイレのそばにありそれが心配の種でしたので。
今にして思うと、気圧の変化などに特に敏感になっているのでしょう。
頭痛が治まらず、腹痛まで起こったのです。

非常に忙しい時期なのですが、職場では足手まといにしかならない状態だと判断し、お休みしていました。
何とも不思議なめぐり合わせです。

避難生活は家族みんなでいたせいか、母が話し好きで色々話してくれ、気を紛らわせてくれるせいかとても心穏やかに過ごせました。
「いつでも泊りにおいで」そう言ってくれる家族がいるのは本当にありがたいことです。
出来るうちに、親孝行したいと思います。

長文にもかかわらず、読んでくださりありがとうございます。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。