ちょー助の『次いってみよう』
シー・ズー犬ちょー助と障がい者の父とうつ病の母。  やっとこさっとこの毎日。 思いついたこととか、日常を思うままに書いてます。
プロフィール


89NC30

Author:89NC30
ちょー助:甘えん坊でヘタレなシーズー。オヤツ命、アレルギー持ち 2006年10月16日生まれ
ちょー助父:89NC30
ちょー助母:デュオ 2006年7月からうつ病闘病中。2010年7月から職場復帰。寛解を目指しながら働きます。

アイドルを目指すヘタレなシー・ズー。
←ブログランキング



クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



オススメ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


編集作業
こんにちは,ちょー助母です。

昨日の続きです。
この間購入したミニコンポで民話のテープをデジタル化(テープ→MDに落とす)しているところです(^^)
しかしここで問題が・・・!
ダビングする際に,ちょっとした間があると機械が勝手に次の曲として扱ってしまうのです。
その為,「録音→トラック結合(勝手に仕分けされてしまった曲同士をくっつける)→タイトルを入れる」と少々面倒な作業をしなくてはなりません。
勿論付きっきりで作業しています(^^;)
作業してる部屋には暖房器具が無いので,そこが辛いところですね。
でも,子供の頃良く聴いた民話を再び聴き返すのもいいモンです。

小さい頃,私はよく熱を出す子供でした。
熱を出すと決まってこの民話のカセットテープを聴いたものです。
少し熱が下がるとどうしても退屈さが感じられ,本を読むのも億劫な時にはとても楽しい娯楽でした。
この民話集を買ってくれた両親に感謝です。

民話集は宇野重吉さんと言う方が読み聞かせをしてくれるものです。
亡くなった父方の祖父に声が少し似ていて,子供の頃の自分にはじいちゃんが話してくれるような感じでした。
できることなら多くの方に聞いて欲しいですけど,今の子供さんはディズニーの方がいいのかな?
ちょっと寂しい気がしますけど,時代なのかな・・・。
出来たら再販して欲しい商品の1つです。

取り留めの無いお話に付き合ってくださって,ありがとうございます。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。