ちょー助の『次いってみよう』
シー・ズー犬ちょー助と障がい者の父とうつ病の母。  やっとこさっとこの毎日。 思いついたこととか、日常を思うままに書いてます。
プロフィール


89NC30

Author:89NC30
ちょー助:甘えん坊でヘタレなシーズー。オヤツ命、アレルギー持ち 2006年10月16日生まれ
ちょー助父:89NC30
ちょー助母:デュオ 2006年7月からうつ病闘病中。2010年7月から職場復帰。寛解を目指しながら働きます。

アイドルを目指すヘタレなシー・ズー。
←ブログランキング



クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



オススメ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


復活!
こんばんは,ちょー助母です。

心配かけてすみませんでした。 おかげさまで熱は平熱まで(36.5度)まで下がりました(^-^)。
一昨日は病院に行ってきたのですが,そこでは対インフルエンザの策が練られておりました。
まず,患者は医院内に入らないこと。 
そして,診察は外(車で来てたので車内)で行う事でした。
少しでも他の患者さんに広めないようにとの事だったのでしょう。
しかし,車内は少し寒かったです。 あとインフルエンザの検査(鼻にこよりのようなものを入れて粘膜をとり,それで診断する)がありました。
熱が38.9度まで上がった事と,全身に痛みがあるのとで「インフルエンザの可能性が高い」とされていたのですが・・・結果は陰性でした。
ただし,熱が2・3日下がらないようなら再検査しましょうとの事でした。(実際に「陰性」と出た方で熱が下がらなく再検査したら「陽性」だったケースがあったそうです。)
熱が続いてる方は,油断しない事ということですね。

あと,熱が高かったので熱さましを飲んだのですが先生によると自己判断での使用はあまり宜しくないそうです。 基本は熱を上げさせて(身体の免疫力に任せて)ウイルスと闘った方が良いと。
でないと,診察もしにくいし場合によっては風邪の治りが悪くなるとの事でした。

1時間くらい車内で待って(検査の結果やお薬の受け取りは夫がしてくれました),帰ってきました。
で,抗生剤をもらってきたのですが・・・デカイ。
ちなみにいつも飲んでいる錠剤と比べると(ごく標準サイズと思われます)こう。
s-IMG_2164.jpg
あとで半分に割って飲む事を覚えたのですが,初日は熱で頭もボーっとしてたので目を白黒させながら飲みましたよ。(そして数時間後吐いてしまったのですが・・・抗生剤の意味無し)

でも,この抗生剤と夫の看護のおかげもあって今はのどの痛みが少々残ってるだけとなりました。
心配してくださった方,ありがとうございます。
そして,風邪の患者さんが増えてるようなので皆さんご自愛くださいね。

今日もつたないブログを読んでくださって,ありがとうございます。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。