ちょー助の『次いってみよう』
シー・ズー犬ちょー助と障がい者の父とうつ病の母。  やっとこさっとこの毎日。 思いついたこととか、日常を思うままに書いてます。
プロフィール


89NC30

Author:89NC30
ちょー助:甘えん坊でヘタレなシーズー。オヤツ命、アレルギー持ち 2006年10月16日生まれ
ちょー助父:89NC30
ちょー助母:デュオ 2006年7月からうつ病闘病中。2010年7月から職場復帰。寛解を目指しながら働きます。

アイドルを目指すヘタレなシー・ズー。
←ブログランキング



クリック募金

障害者スポーツ応援クリック募金



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



オススメ

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


双葉文庫―ファミコン冒険ゲームブックシリーズ
こんにちは,ちょー助母です。

夕べは23:00頃就寝,5:00頃ちょー助に起こされました。
寝なおして9:30頃起床。もう少しバシッと起きられるといいのになぁ。
夫には一人で朝食・見送りなしという寂しい思いをさせてしまいました(T-T)
ごめんね。

さて,タイトルの通りゲームブックのお話です。
ちょうど20年くらい前に双葉社という出版社から出ているゲームブックにはまっておりました。
ゲームブックとは,(私の知る限りでは)500くらいの項目で成り立っておりプレイヤーはお話の折々に選択を迫られるものです。そしてその選択次第ではバットエンドにたどり着いてしまうこともあると言う。
ゲームで言うとサウンドノベル(弟切草とかかまいたちの夜とか)に近いと思います。

一時期双葉社だけでなくエニックスなどからもドラクエシリーズなどが出ていたようです。
ちょうどファミコンブームのころですかね・・・ゲームブックもはやっていたのは。

そんな懐かしいゲームブック。 久々に取り出して遊んでみました。
遊んだのは「ドラゴンクエスト~蘇る英雄伝説~」です。
いたるところにギャグ・パロディが散りばめられており楽しかったです。
戦闘ももちろんあり,こちらは何回かやり直しました。
そして何時間かかかってクリア。いい暇つぶしになったと思います。

文も小学生中~高学年を対象としてるのか,平易で読みやすかったですし。なによりなんだか少し自信がわきました。
数時間集中して何かに取り組む事が出来たのですから。

興味をもたれた方はアマゾンなど中古で扱ってるところがまだありますので,(物によっては高いものもありますので,安いものから)取り寄せてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。